散骨情報

大自然に還る 自由な葬送をおすすめします。

散骨のお手続きについて

お手続きに関して、必要書類を準備しなくてはなりません。

一般的な埋葬の際も必要な手続きとなりますので、ぜひご確認下さい。

 

① 死亡届

故人が亡くなった際にご遺族が市役所などに届け出ます。

これが受理されてはじめて「火葬(埋葬)許可証」が発行されます。

役場の窓口でも入手できますが、依頼すれば葬儀業者の方が用意してくれます。

 

② 死亡診断書

病院などで亡くなった際に医師が書くもので、  

死亡届にも死亡診断書の欄が設けられています。

コピーではなく、原本を手元においておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③ 火葬(埋葬)許可証

 

故人が亡くなってから7日以内に死亡届を役場に提出すると発行されます。

これは斎場で火葬を行う際に必要となり、自治体によって多少異なりますが、火葬後に斎場の印が入ると埋葬許可証として扱われます。

霊園や納骨堂に遺骨を納める際に必要となりますので、原本は厳重に保管して下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

④ 改葬許可証

 

すで埋葬している遺骨の全部もしくは一部を取り出して散骨する場合必要な書類です。


改葬とは、既にお墓に納めてある遺骨を別の場所に移すことです。

この改葬の手続きをする上で「改葬許可申請書」が必要になります。

最寄りの役所へ直接取りに行ったり、あるいは自治体のホームページなどから印刷するなどしてご用意下さい。

 

また、現在の納骨先である墓地の管理者から「納骨証明書」を発行してもらいましょう。

以上の「改葬許可申請書」「納骨証明書」を墓地の所在する自治体の役所へ提出すれば改葬許可証」が発行されてお手元に届きます。

これを墓地の管理者へ提出することで、はじめて遺骨を取り出すことが出来るようになります。

 

自治体よって「散骨は改葬に該当しない」との理由で発行されないことがあります。

その場合は「納骨証明書」や墓地の管理者が発行する「遺骨引渡証」で対応してくれる散骨業者もあるので相談してみましょう。